転職での履歴書・職務経歴書の書き方
 

職務経歴書の書き方

転職での履歴書・職務経歴書の書き方は非常に重要です。なぜなら書類選考は転職の第一関門。

これを突破するコツはキャリアの棚卸しをしっかりやることと、自分の「強み」、「できること」を具体的に書いてアピールすることです。

転職での職務経歴書の書き方ポイント

転職での職務経歴書は、これまでどんな会社で、どのような仕事に就き、どのような能力を発揮してきたかを見るためのデータです。「どのような仕事に取り組み」「どのような実績をあげてきたのか」、まずは自分のキャリアを「棚卸し」することによって、職務経歴書を書くにあたっての材料を集めます。これをもとに職務経歴書をまとめあげていきます。その際、自分のキャリアや実績を具体的に示すことが大切です。そのためには、実績を数値データで示したり、自分の強みなど「売り」となる強調したい点を盛り込みながら、簡潔にポイントを押さえ箇条書きにしていきます。
職務経歴書のスタイルに決まった書式はありません。通常は時系列的に経歴を記載していく「編年体形式」が一般的ですが、より専門性を要する技術職などは、担当した職務内容やプロジェクトごとにまとめて記載する「キャリア形式」が効果的です。

職務経歴書のアピールポイントの書き方



営業職:実績と営業スタイルを明確に

実績が評価される営業職は、その実績を数値などでアピールします。予算はどれぐらいで、目標を何パーセント達成したのか、どんな製品を誰にどのようにセールスしたのかを具体的に記載すること。また、経験がそのまま生かせるかどうかを探る糸口として、営業スタイル(新規開拓中心の営業か、ルートセールスか)が重要視されますから、この点を明確に記載することで、即戦力として活躍できることをアピールできます。

事務系職:実務経験を具体的にアピール

事務系職の場合は、営業や技術職に比べて実績をアピールするのが難しい職種です。そこで今まで、どんな仕事に携わってきたのかをできるだけ詳しく示すといいでしょう。その場合、特に重要なのがそれぞれの業務にどのレベルでどの程度かかわってきたのかを具体的に記載すること。たとえば、経理なら通常業務だけをやってきたのか、それとも決算まで手がけていたのか、子会社を含めた連結決算を行ってきたのかなど、具体的に実例を出して記載するなど、自分の強みをアピールするとより効果的です。

技術職:キャリアを中心に技術レベルを具体的に

技術系の場合は、企業が求める経験と自分の経験が合致するかどうか。自分の経験、キャリアを中心に書くことが第1です。しかも、かなり細かな点まで一致しなければ採用に結びつきません。そのため具体的な製品、プロジェクトにおける役割などを詳細に明記するなど、より具体的な内容が要求されます。したがって技術分野ごとやプロジェクトごとにまとめる「キャリア形式」で記載するのがいいでしょう。

未経験の場合のアピールポイント:熱意と積極性をアピール

今までの経験が応募する職種に関係なくても、職務経歴書は添えてください。携わった仕事への具体的な取り組みを伝え、その経験をどう生かしていきたいかをアピール。その職種に対する熱意を伝えることも重要です。たとえば経理なら、「簿記の資格を取得した」「さらに上を目指して勉強中」など、どれだけ準備を進めてきたのかなど、仕事に対する意欲を強くアピールすることです。
いずれにしても履歴書、職務経歴書は面接という第二関門にたどり着くための第一歩。意中の企業と求人要件とを研究し、あなたをアピールできる材料を事前にそろえること。その上でもっとも効果的と思える書類を作成し、採用担当者にあなたをしっかりと印象づけることです。

転職での職務経歴書の書き方のポイント

印象に残る職務経歴書で自己を最大限にアピール

転職の第一関門ともいえる書類選考。いくらキャリアやスキルが優れていても、履歴書や職務経歴書の書き方が良くなければ書類選考でふるいにかけられ、面接にたどり着けない。この時点で企業側があなたを知る材料は応募書類だけということを念頭に置き、最大限に自己アピールする内容を盛り込みたい。 履歴書の書き方で注意したいのは、学歴や職歴以下の志望動機欄。ここでいかに好印象を持ってもらえるか、応募への熱意と意欲を伝えられるかが決め手となる。 今日のように選考基準が厳しくなった状況では、特に指定がなくても職務経歴書は添えることは今や常識となっている。意欲面でもキャリアを見てもらうためにも有効といえる。採用担当者は、履歴書や職務経歴書から何を読みとろうとしているのか。それは専門知識や実務能力だけではなく、応募に対する熱意や意欲に他ならない。それだけに、採用担当者にしっかりと自分を印象づけ、面接という転職の第二ステージへと踏み出すためにも、創意工夫が求められる。 応募書類というとつい内容面に気を取られがちであるが、企業は応募書類から文章作成能力やプレゼンテーション能力も同時に読みとろうとしていることを忘れてはならない。体裁よく、細かな点まで注意を払いたい。内容面でも何を盛り込めばよいか、事前に十分な準備をして考え抜いてから作成すること。そのためには応募する、しないは別にして常日頃から自分のキャリアの棚卸しをして、「自分に何ができるのか」「何をしたいのか」を整理しておくことが必要だろう。人材バンクではキャリア診断などのコンサルティングに加え、履歴書や職務経歴書の書き方の指導も行っているので、一度利用してみてはいかがだろうか。